上海で手術といわれたら


「手術」といわれてまず考えることは、「本当に手術しないとダメなの?」でしょう。特に異国の地で手術といわれたら、何とか「手術をしない方法」を探るのではないでしょうか。同僚の医師から、手術を拒否し続け、帰国してすぐに亡くなってしまった患者さんの話を聞きました。どうしても中国では、手術を受けたくなかったそうです。医療費の高騰で、以前は受診できていた外資系の総合病院で手術を受けようとしても、保険エージェントからストップかかってしまい中国の公立病院に誘導されてしまう方も少なくありません。文化も医療も異なる土地での手術には、私自身はすごく不安に感じます。当院は、安心して「手術の相談」ができる病院です。なるべく手術しない方法を模索します。手術となった場合でも、低侵襲手術(体の負担が少ない手術)、全室個室の日帰りを含めた短期手術入院(72時間以内の退院)を特徴とした低侵襲センターで、診療の質や医療費を気にせず治療に専念いただけます。日系クリニック、保険会社各社とも連携し、邦人の皆様を医療面からサポートします。「手術」という言葉が出たら、患者様も医師の皆様もヨセミテクリニックにご相談下さい。


痛みの専門集団 -「痛みの外来」


整形外白金会客户端医、理学療法士、麻酔白金会客户端医、総合診療医がチームをなし「痛みの外来」を行っています。まずは整形外白金会客户端医による正しい診断です。理学療法士が、筋肉と関節の硬さや動きをみて、リハビリをします。痛みがひどい場合には、麻酔白金会客户端医がブロック注射を行います。筋肉や骨、関節の痛みではない場合には、総合診療医が内臓の病気がないかを調べます。痛みは、ひとつの診療白金会客户端の受診では、なかなか改善しません。様々な専門家がチームをなし、それぞれの専門領域からアプローチすることで、ようやくコントロールしていけます。ヨセミテクリニックでは、上海では珍しく「チームによる痛みの診療」を行っています。総合診療、救急、集中治療、麻酔と経験を積んできた友成医師を窓口に、ねんざ、骨折などのケガ、肩、首、腰の痛みやしびれ、慢性的な頭痛、内臓からくる身体の痛みなど、幅広く対応します。


救命救急講習会毎週土曜日&院内見学会随時 


病気になってから病院を探すのではなく、事前に病院の下見をお勧めします。熱がでたら?、頭を切ったら?、骨折したら?、盲腸になったら?、保険は使えるの?、針の使い回しは?などご確認下さい。ここは日本ではありませんよ~。


ヨセミテクリニックYosemite Clinic Shanghai 上海白金会娱乐网站医疗

<友情连结> 思捷智联/ 深圳市亿合创电子有限公司/ 易百讯深圳网站建设公司/ 金网络广告联盟/ 有材网/